ストレスや生活習慣がAGAの間接的な原因になる

ストレスが自律神経を乱し、薄毛を引き起こす場合がある

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、多くの男性を悩ませています。いちど発症すると症状が進行していき、放置しているとどんどん悪化していきます。原因をしっかりと確認して、的確なケアを行うことが大切です。

AGAの原因は、男性ホルモンの一種「テストステロン」が挙げられます。

テストステロンは、毛根の近くに存在している酵素と結びつくと悪玉ホルモンに変換されます。悪玉ホルモンが増えると、毛根が髪の毛の成長を止めてしまうのです。

ストレスもAGAの発症に関係しているのではないかといわれます。仕事やプライベートで感じる様々な悩みや不安がストレスとなり、体に悪影響を及ぼすのです。

過度な精神的ストレスを抱えていると、自律神経のバランスが崩れます。自律神経は、内臓機能や体温、新陳代謝や呼吸、ホルモンバランスの調整をつかさどる神経です。

自律神経のバランスが崩れると、新陳代謝が上手く行われなくなったり、ホルモンバランスが崩れたりします。その結果、薄毛の症状が現れる場合もあるのです。

ストレスや生活習慣の乱れが頭皮の血流を悪くする

AGAは、男性ホルモンが原因で引き起こされる薄毛の症状といわれています。一方、生活習慣の乱れが、AGAの間接的な原因になるともいわれているのです。

AGAを治療する際は、専門家に相談するのが有効です。しかし、原因をしっかりと把握し、生活習慣を見直すことも重要なのです。

寝不足やストレス、不規則な生活は、自律神経が乱れる原因になります。自律神経が乱れると血管が収縮し、血液の循環が悪くなります。頭皮の血流が悪くなり、髪の毛に十分な栄養が届かなくなることで、抜け毛が起こってしまうのです。

頭皮の血流が悪いと、AGAの間接的な原因になるだけでなく、AGAの症状を早めてしまう恐れもあります。

頭皮の血流が滞り、頭皮の環境が悪いと、AGA治療の効果も半減してしまいます。AGAをしっかりと治療していくには、生活習慣を見直し、頭皮の環境を改善することもポイントです。