AGAが起こるメカニズム

男性ホルモンが変化してAGAを引き起こす

AGAは、テストステロンという男性ホルモンが、薄毛の原因とされる物質「ジヒドロテストステロン」に変化することで起こります。この物質が毛根部分に高濃度で存在すると、ヘアサイクルが短くなり、AGAを発症するのです。

本来、髪の毛が生えてから育ち、抜けていくまでのサイクルは、長いスパンで行われます。しかし、ジヒドロテストステロンが多いと、髪がすぐに抜けるようになってしまうのです。

テストステロン自体は、男性であれば誰もが体内で多く分泌されます。テストステロンがジヒドロテストステロンに変化していくのは、個人差があります。

AGAは、最初のうちは目立たないですが、急激に髪の毛が減っていきます。症状が出る部位は様々です。髪の毛が前頭部から薄くなっていくケースや、頭頂部から円を描くように薄くなっていくケースがあります。

AGAは放置しておくと進行していき、治療が困難になってきます。初期のうちに発見し、治療することが重要です。

酵素の一種が男性ホルモンをAGAの原因に変える

AGAの原因となるのは、「ジヒドロテストステロン」という物質です。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種「テストステロン」が変化したものです。また、テストステロンは、「5αリダクターゼ」という物質と結合することで変化します。5αリダクターゼは、毛根の近くにある皮脂腺から分泌されている酵素の一種です。

5αリダクターゼによって作られたジヒドロテストステロンが毛根に届くと、細胞に血液が行かなくなり、血流が滞ります。その結果、髪の毛に酸素や栄養が届かなくなり、抜け毛の原因になるのです。

5αリダクターゼをコントロールし、AGAを防ぐには、専用の治療薬が必要です。AGAの症状に気づいたら、病院で診てもらいましょう。また、食生活の改善を心がけ、亜鉛をはじめとした栄養素を摂取するようにしましょう。