筋トレとAGAの関係

筋トレのやりすぎでAGAの原因になる根拠はない

筋トレのやりすぎがAGAの原因になるといわれていますが、科学的な根拠はありません。

よくいわれるのは、筋トレによって男性ホルモンが増加し、頭髪を形成している女性ホルモンが減少するのが原因、というものです。

AGAを防ぐにはホルモンバランスを整えることが有効であるともいわれます。ただし、筋トレによってホルモンバランスが乱れるとは限りません。

筋トレによって作られる男性ホルモンはごくわずかです。薄毛に影響するほど大量に作られるわけではありません。薄毛を気にして筋トレをやめる必要はありません。

ホルモンバランスが乱れる主な原因は不規則な生活習慣です。脂っこい食事の摂りすぎや、夜更かし、お酒やタバコといった生活習慣が挙げられます。

筋トレを自粛するよりも、このような生活習慣を改善することの方が有効です。

生活習慣の改善が重要!適度な運動は血流を良くする

筋トレのやりすぎてAGAになるという、科学的な根拠はありません。男性ホルモンの増加で薄毛になるというのは、あくまでも噂に過ぎないのです。筋トレによって発生する男性ホルモンの量は、薄毛に影響するほど多くはありません。

適度な運動は、血液の循環を促し、頭皮の代謝を活性化します。

AGAを防ぐには、規則正しい生活習慣を身につけることが重要です。

例えば、脂の多い食べものを食べすぎると、総コレステロール値が上昇し、血液の循環が悪くなります。頭皮に血液が流れず、代謝が悪くなることで、AGAの原因になるのです。

お酒やタバコも髪の毛の健康に悪影響を及ぼすので、なるべく控えましょう。