AGAは遺伝によって引き起こされる

AGAは遺伝によって起こるので自分で改善するのは難しい

薄毛は生活習慣の乱れや、不潔な頭皮環境によって引き起こされるとされてきました。

しかし、遺伝子検査やデータの蓄積より、遺伝的要因こそが、AGAの大きな原因であるということが分かってきました。そのため、生活習慣の改善や、髪の毛のケアだけでは、AGAを予防したり改善したりするのは困難です。

AGAは、医学的なアプローチで進行を遅らせることができます。

主な治療法は薬剤療法です。AGAは男性ホルモンの変化が主な要因です。AGAの治療には、男性ホルモンを変化させる物質を抑制する薬剤が使われます。治療法や薬剤は、個人の体質に合わせて使い分けられます。

AGAが不安な人は、薄毛改善を専門的に取り扱っているクリニックに行きましょう。希望に応じて遺伝子検査を実施している施設もあります。

AGAは遺伝が大きく関係しています。まずは家系内の薄毛の状況をよく調べて、効果的な方法を模索していきましょう。

家族で薄毛の人がいたら要注意!

薄毛には個人差がありますが、若い頃から兆候を見つけておけば、対策もとりやすくなります。

父親が薄毛で、「自分にも遺伝するのでは?」と心配する人は多いかもしれません。しかし、薄毛を引き起こす遺伝子は、母親から遺伝している可能性もあるのです。母方の祖父が薄毛だった場合、自分も薄毛になる可能性があります。

祖父が薄毛でも、母親は薄毛になってないから大丈夫と思うかもしれません。しかし女性は、女性ホルモンが豊かであるため薄毛の症状が現れていないというだけで、祖父の薄毛の遺伝子は受け継いでいるのです。

AGAは男性特有の症状ですから、母親の外見から推し量ることはできません。父親だけでなく、母方の祖父も重要な情報源となります。

身近な家族だけでなく親族や先祖まで調べてみると、自分が将来AGAになるかどうかを知る大きな手がかりとなります。ここまで調べて、原因となる要素が見つからないことは極めて稀です。

AGAが起こるメカニズム

男性ホルモンが変化してAGAを引き起こす

AGAは、テストステロンという男性ホルモンが、薄毛の原因とされる物質「ジヒドロテストステロン」に変化することで起こります。この物質が毛根部分に高濃度で存在すると、ヘアサイクルが短くなり、AGAを発症するのです。

本来、髪の毛が生えてから育ち、抜けていくまでのサイクルは、長いスパンで行われます。しかし、ジヒドロテストステロンが多いと、髪がすぐに抜けるようになってしまうのです。

テストステロン自体は、男性であれば誰もが体内で多く分泌されます。テストステロンがジヒドロテストステロンに変化していくのは、個人差があります。

AGAは、最初のうちは目立たないですが、急激に髪の毛が減っていきます。症状が出る部位は様々です。髪の毛が前頭部から薄くなっていくケースや、頭頂部から円を描くように薄くなっていくケースがあります。

AGAは放置しておくと進行していき、治療が困難になってきます。初期のうちに発見し、治療することが重要です。

酵素の一種が男性ホルモンをAGAの原因に変える

AGAの原因となるのは、「ジヒドロテストステロン」という物質です。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種「テストステロン」が変化したものです。また、テストステロンは、「5αリダクターゼ」という物質と結合することで変化します。5αリダクターゼは、毛根の近くにある皮脂腺から分泌されている酵素の一種です。

5αリダクターゼによって作られたジヒドロテストステロンが毛根に届くと、細胞に血液が行かなくなり、血流が滞ります。その結果、髪の毛に酸素や栄養が届かなくなり、抜け毛の原因になるのです。

5αリダクターゼをコントロールし、AGAを防ぐには、専用の治療薬が必要です。AGAの症状に気づいたら、病院で診てもらいましょう。また、食生活の改善を心がけ、亜鉛をはじめとした栄養素を摂取するようにしましょう。