AGAの原因はヘアサイクルの乱れ

発毛の周期が乱れるとAGAの原因になる

薄毛が気になるという人は少なくありません。頭を洗った後に、抜け毛が排水口にごっそり溜まっていたり、朝起きたら枕に大量の髪の毛がついてたりするとぞっとしますよね。

AGAの原因は、多くの場合ヘアサイクルと呼ばれる、発毛の周期の乱れが原因として挙げられます。

ヘアサイクルの乱れは男性ホルモンの一種であるDHTが主な原因です。加齢や遺伝によって起こる場合もあります。

DHTが毛乳頭細胞の受容体と結合することで、髪の毛をつくるための細胞分裂が抑制され、AGAを引き起こします。

人間の髪は一定の周期で発毛と脱毛を繰り返しています。このヘアサイクルの大部分を占めているのが、成長期と呼ばれる期間です。

成長期は髪の毛が太く、長く成長します。しかし、男性ホルモンの分泌が急激に増えるとヘアサイクルが乱れ、髪の成長に支障が起こってしまうのです。

太くてコシのある、健康的な髪の毛を育てるためには、ヘアサイクルの乱れを改善することが大切です。

生活習慣を見直すことでAGAの進行を抑制する

AGAは発症すると完治はしません。症状の進行を抑えるために、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

発毛を促すには、頭皮の血行をよくすることが大切です。頭を洗う際は、頭皮をマッサージするよう意識してみましょう。また、自分に合ったシャンプーを選ぶのも重要です。洗浄力の強いシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうので注意しましょう。

ストレスや睡眠不足も、頭皮の血行不良の原因になります。適度に運動や休息をとり、ストレスを溜め込みすぎないようにしましょう。健康的な髪の毛を育てるには、遅くても夜12時には就寝しましょう。夜22時から2時の間は、髪の毛が最も成長するゴールデンタイムと呼ばれています。

こうした生活習慣は1日や2日で結果が出るものではないので、継続することが大切です。

頭皮の状態が悪いと正常に発毛が行われずAGAが進行する

AGAは遺伝や男性ホルモンが原因になると考えられています。また、頭皮の健康状態もAGAに関係があるのではないかといわれています。頭皮の状態がよければ、新しく健康な髪の毛が順調に生まれてきます。しかし、頭皮の状態が悪いと、発毛が遅くなったり、髪の毛の質が悪くなったりしてしまうのです。

髪の毛は、頭皮の中で細胞分裂を繰り返して成長していきます。そのため、頭皮の血行が悪く、栄養が十分に巡ってこないと、細胞分裂が正常に行われず、発毛に支障が起こります。

こうした頭皮トラブルの原因の一つがシャンプーです。

シャンプーは頭皮に直接つけて使用するため、頭皮環境を決める大きな要因になっています。しかし、シャンプーの種類によっては頭皮の汚れがきちんと落ちず、発毛が妨げられる場合もあります。また、皮脂をとり過ぎると頭皮が乾燥してしまい、血流が不足する原因となるのです。

シャンプーには、血流を促す成分が含まれているものもあります。そのようなシャンプーを使えば、健康な髪の毛が生えてくるのを促進できます。

AGAは早めの対策が重要

AGAの恐ろしいところは、放置していても自然治癒することはなく、症状が進行してしまうということです。

遺伝やホルモン、生活習慣などが原因と考えられていますが、はっきりとはしていません。そのため、誰もがAGAになる可能性があり、また確実な予防法がありません。

AGAを発症したときは、できるだけ早く対応し、悪化させないようにしましょう。色々な対応策がありますが、人によって頭皮の状態は違うため、必ずしも効果があるとは限りません。そのため、自分の頭皮の状態を正確に把握して、有効な対応策を見つけることが大切です。

定期的に頭皮の状態をチェックして、適切な対処をすれば、AGAの進行を抑えられます。

頭皮環境を正常に保っている人は少なく、多くの人が何らかの頭皮トラブルを抱えています。専門のクリニックを受診するなどして、正しい対処法を見つけましょう。